営業時間 平日9:00〜17:00

ホーム » 投稿 » ふくらはぎは「第二の心臓」

ふくらはぎは「第二の心臓」

公開日:2016年6月27日

長時間同じ姿勢で仕事を続けていたり、一日中立ち仕事をしていて足がむくんだことはありませんか?

 

人間の血液は下半身に溜まりがちで、これがむくみの原因ともなります。ふくらはぎを動かすことで筋肉が伸び縮みを繰り返し、足に溜まった血液を勢いよく上半身に戻してくれます。このように足の血液を心臓に送り返すポンプの役割を果たしてることから、ふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれているのです。

 

しかし、長時間同じ姿勢で足を動かさないままでいると、このポンプの働きが弱くなってしまい、血液の流れが悪くなり、足がむくんだりだるさを感じたりします。

 

今回ご紹介する運動では、足の血液循環を良くして、むくみを解消していきます。また、血液の流れが良くなることで冷え性の改善の効果もあります。

 

【動作説明】

①イスに浅く腰かけます。

②つま先をつけたまま、ゆっくりとかかとを上げます。このときすねの前側と足の甲部分が伸ばされているのを感じながら、5秒ほど保持します。

③かかとをゆっくりと下ろします。今度はかかとをつけたまま、ゆっくりとつま先を上げます。このときふくらはぎの筋肉を意識して伸ばしながら、5秒ほど保持します。

※②~③の動作をご自分のペースで10回ほど繰り返してみましょう。